ブライダルリング
について

Q.なぜ、左手の薬指に婚約指輪・結婚指輪をつけるのですか?

A.古代ギリシャの言い伝えで、心臓と薬指は繋がっており、心臓はその人の心や愛を司る神聖な場所であると信じられてきました。そのため、ふたりの永遠の愛を誓い、絆を深めるという意味で左手の薬指に婚約指輪と結婚指輪を身に着けるようになったと言われています。

Q.婚約指輪と結婚指輪の違いを教えてください。

A.婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズの時などおふたりが婚約した際にその誓いの証として、男性から女性に贈られる指輪です。一般的には、華やかなダイヤモンドが留められたものが多いです。また、婚約指輪は結納やお顔合わせの際の婚約の証としてもご用意されます。結婚指輪(マリッジリング)は、挙式の際にお互いの薬指に交換し、日常的に身に着ける指輪です。最近では挙式よりも先に入籍をされる方が増えており、入籍日から結婚指輪を身に着ける事が多くなっています。

Q.たくさんのデザインの中からどうやって選べばいいですか?

A. ヴァニラでは、まずは色々なテイストのリングを試着していただきます。シンプルから個性的なリングまで、様々なリングを同時に試着できるので、お好きなリングを具体的にイメージすることができます。ブライダルリングに熟知した幅広い年齢層のコンシェルジュが、好みや指元のタイプに合わせてお悩みやご希望にそったご提案をいたしますので、リングのイメージがわからない方もお気軽にご相談ください。また、婚約指輪をお選びの際は、ダイヤモンドの基本知識も丁寧にわかりやすく説明するのではじめてのダイヤモンド選びも安心してお選びいただけます。口コミでも「沢山の中からお気に入りの1本に出会えた」と多くの嬉しいお声をいただいております。

Q.婚約指輪と結婚指輪を選ぶときのポイントは何ですか?

A.最も大切なポイントは、「おふたりが末永く安心してご愛用いただけるリングかどうか」ということです。デザインや価格面だけでなく、安心して長くお使いいただける品質であることや、ご購入後のアフターサービスが大切であるとヴァニラは考えます。ヴァニラでは、全ての指輪は素材から着け心地まですべて最高級の品質にこだわり、熟練の職人がひとつひとつ丁寧にリングをお作りし、購入後も生涯保証をご用意しています。お客様ひとりひとりのお好みやご希望をお伺いし、リング選びのお手伝いをいたします。

Q. セットリングとは何ですか?また、「重ね付け」とは、何ですか?

A.「セットリング」とは同じ名前が付いた婚約指輪と結婚指輪のことで、「重ね付け」とは婚約指輪と結婚指輪を左手の薬指に一緒に重ねて身に着けることです。結婚指輪に婚約指輪を重ねることは、「永遠の愛」を留めておくという意味があります。結婚後も婚約指輪の活躍の場が増えるので、最近では「重ね付け」をすることを前提に婚約指輪と結婚指輪をお探しの方が増えています。ヴァニラでは、重ね付けをして頂ける婚約指輪と結婚指輪を数多くご用意しています。

Q.リングの素材は、どんな素材を選ぶことができますか?

A.婚約指輪、結婚指輪ともに、プラチナ(Pt999/Pt950/Pt900)、ホワイトゴールド(K18WG)、イエローゴールド(K18YG)、ピンクゴールド(K18PG)、パラジウム(Pd950)の中から、お好みやご予算に合わせてマテリアルをお選びください。ヴァニラでは、おふたりが生涯安心してリングを身に着けられるよう、高品質で耐久性に富んだマテリアル(素材)を幅広くご用意しておりますのでご安心ください。※リングによっては、お選びできない素材もありますので、詳しくはコンシェルジュにお尋ねください。

Q.リングは出来あがるまでに、どのくらいの時間がかかるのですか?

A.リング製作には、約2か月ほどお時間をいただいています。おふたりのためだけに、誰も指を通していないファーストリングを熟練の職人がひとつひとつ丁寧に、きれいにお作りいたしますので、楽しみにお待ちください。ただし、ご注文の内容によっては納期が異なりますので、ご希望の日程がございましたらコンシェルジュまでお気軽にお問い合わせください。

Q.「3本セット」プランとは、何ですか?

A.3本セットとは、婚約指輪とペアの結婚指輪がセットになったプランのことです。ヴァニラでは、22万円以上の婚約指輪をお選びいただくと、結婚指輪の購入時に5万円分のご優待となる「BRIDAL PACK(ブライダルパック)」という3本セットプランをご案内しています。ブライダルパックなら、婚約指輪を購入予定でなかった方も、ダイヤモンドの品質やデザインにこだわりたい方も、ご希望のご予算で、高品質な婚約指輪と結婚指輪を3500種類以上の中からご自由にお選びいただけます。

Q.サムシングブルーとは何ですか?

A.ヨーロッパに伝わるサムシングフォーという伝説があります。それは、結婚式のときに「新しいもの」・「古いもの」・「借りたもの」・「青いもの」の4つを身に着けると幸せになれるというおまじないです。リングでは、「青いもの」にちなんで、リングの内側にブルーダイヤモンドなどの青い宝石を1石セッティングするのが人気です。ダイヤのもつ“永遠”という意味もプラスされ、さらなる幸せを手に入れることができます。