BLOG

【 社長 Blog 】『 宝石のプロが伝える大事な話 – ダイヤモンドの情報開示 – 』第四回:天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドについて

宝石のプロが伝える大事な話「 ダイヤモンドの情報開示 」

【 第4回 】

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドについて

皆さまこんにちは。

 

福山・広島の宝石専門店「ヴァニラ」代表取締役社長

浜田 佳久(はまだ よしひさ)です。

 

私は、父が営んできた宝石屋に生まれ、

幼いころから美しいものや美術品、

そしておしゃれが好きな学生時代を過ごしました。

 

宝石の中では特に、ダイヤモンドと真珠が好きで

これまでの約四十年間のバイヤー経験を通して、

ものの価値や見る目を養って参りました。

 

今回このようなコラムを書かせていただくに至ったのは、

大きな変革期を迎えているダイヤモンド業界の中で、

正しい知識と情報を発信することが、

皆様の間違いのないダイヤモンドの買い方や

選び方につながると考えるからです。

天然ダイヤモンドのタイプⅠ型とタイプⅡ型

 

 

 

今回は天然ダイヤモンドと
合成ダイヤモンドの違いについてお話します。

 

ダイヤモンドは炭素の結晶ですが、自然で成長する
天然ダイヤモンドは成長の過程で、多くの場合
地球内にありふれてある不純物である
「窒素」を含んで成長します。

 

この窒素を含むダイヤモンドをタイプⅠ型、
ごく稀に窒素をほとんど含まないダイヤモンドを
タイプⅡ型と分類しますが、
天然ダイヤモンドの98~99%が不純物を含む、
タイプⅠ型になります。

 

そしてタイプⅡ型の中で最も稀少で純粋なダイヤモンドは、
さらにタイプⅡa型と分類され、
際立った美しさを持つと言われています。その産出量は、
全宝飾用のダイヤモンドの2%以下と非常に少なく、
タイプⅡa型のダイヤモンドが「自然からの贈り物」と
称される由縁でもあります。

 

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違いとは?

 

天然ダイヤモンドは自然が時間をかけて作るものなので、
1つとして同じものがありません。

 

一方、合成ダイヤモンドは人工的に機械が作り出すものです。

例えるなら、天然ダイヤモンドは大自然というクリエーターが、
時間をかけて作り上げた一点物。

合成ダイヤモンドは、同じ規格で作られた量産品となります。

それぞれの良さがありますので、一方的に
合成ダイヤモンドが悪いとは言いませんが、
一番の問題は、宝石としての価値に差があるにもかかわらず、
見分けがつきにくいということなのです。

 

次回はこの問題をさらに掘り下げていきます。

 

 

株式会社ハマダ宝石時計店

ジュエリーショップ・VANillA(ヴァニラ)

代表取締役社長 浜田 佳久

 

1949年生まれ。福山市、広島市に店舗を構え、今年で創業70周年を迎える宝石専門店の代表。
約40年もの間、ダイヤモンド、色石、真珠など、数々の宝石のバイヤーとして多くの目利きをしてきた経験と審美眼を持つ。

 

【 メディア情報 】

 

● 今回のコラムは、2019年5月1日に発行された

    備後圏・岡山圏の情報誌

 「 経済リポート・1661号 」に掲載されました。

 

RCCテレビ「 イマなまっ!」にて、

   ヴァニラが出演・紹介されました♪

 

◆Christie’s(クリスティーズ)取引登録店

◆ Sotheby’s(サザビーズ)取引登録店

◆ 相続診断士提携店

 

■ ヴァニラ福山本店

〒 721 – 0973

広島県福山市南蔵王町 2 丁目 10 – 17

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日

 

■ ヴァニラ広島店

〒 730 – 0036

広島県広島市中区袋町 8 – 10

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日