BLOG

【 社長 Blog 】『 宝石のプロが伝える大事な話 – ダイヤモンドの情報開示 – 』第五回:天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違いー2

宝石のプロが伝える大事な話「 ダイヤモンドの情報開示 」

【 第5回 】

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違い ー 2

皆さまこんにちは。

 

福山・広島の宝石専門店「ヴァニラ」代表取締役社長

浜田 佳久(はまだ よしひさ)です。

 

私は、父が営んできた宝石屋に生まれ、

幼いころから美しいものや美術品、

そしておしゃれが好きな学生時代を過ごしました。

 

宝石の中では特に、ダイヤモンドと真珠が好きで

これまでの約四十年間のバイヤー経験を通して、

ものの価値や見る目を養って参りました。

 

今回このようなコラムを書かせていただくに至ったのは、

大きな変革期を迎えているダイヤモンド業界の中で、

正しい知識と情報を発信することが、

皆様の間違いのないダイヤモンドの買い方や

選び方につながると考えるからです。

タイプⅡaダイヤモンドの価値

 

 

 

前回、天然ダイヤモンドは幾つかのタイプに分類されるという
ことをお伝えしました。
その中で窒素を含まないタイプⅡa型のダイヤモンドの価値につ
いてご紹介しましょう。

 

 

15億3千万円のダイヤモンド

 

この4月2日、サザビーズ香港オークションにおいて
88.22カラットのダイヤモンドを
15億3千万円で日本人が落札したとの報道がありましたが、
このダイヤモンドもタイプⅡa型でした。

私自身、3月中旬のサザビーズ東京でのプレビューで、
実際にみましたがその美しさは言葉になりません。
世界においてオークションにかかるものは、
ファンシーカラーダイヤモンド以外では多くがこの
タイプⅡa型に属しています。

ダイヤモンドの評価基準の4C
(カット、カラット、カラー、クラリティー)の中で、
カラーの最高位をⅮカラーと表し、
タイプⅡa型のⅮカラーのダイヤモンドは、
非常に稀少性が高いものとされています。
このダイヤモンドもⅮカラーかつ、
フローレス(内包物を含まないもの)で、自然界で生成される
透明度最高のダイヤモンドとしての価値を認められた結果です。

 

 

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違い


前回、天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドは見分けが
つきにくいとお伝えしました。蒸留水が100㏄入って
いるコップを思い浮かべてください。
片方にインクをかすかに垂らした場合、見た目では水の色
はおそらく変わりません。しかし、分析器で調べればイン
クが検出されます。
このインクがダイヤモンドにおける窒素(不純物)と同じ
意味を持ち、見分けの鍵になるのです。

肉眼では判別が難しい現実をどう思いますか?

さらにこの判別はどのように……?

次回に続きます。

 

 

 

 

株式会社ハマダ宝石時計店

ジュエリーショップ・VANillA(ヴァニラ)

代表取締役社長 浜田 佳久

 

1949年生まれ。福山市、広島市に店舗を構え、今年で創業70周年を迎える宝石専門店の代表。約40年もの間、ダイヤモンド、色石、真珠など、数々の宝石のバイヤーとして多くの目利きをしてきた経験と審美眼を持つ。

 

【 メディア情報 】

 

? 今回のコラムは、2019年6月1日に発行された

    備後圏・岡山圏の情報誌

 「 経済リポート・1672号 」に掲載されました。

 

RCCテレビ「 イマなまっ!」にて、

   ヴァニラが出演・紹介されました♪

 

? Christie’s(クリスティーズ)取引登録店

? Sotheby’s(サザビーズ)取引登録店

? 相続診断士提携店

 

■ ヴァニラ福山本店

〒 721 – 0973

広島県福山市南蔵王町 2 丁目 10 – 17

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日

 

■ ヴァニラ広島店

〒 730 – 0036

広島県広島市中区袋町 8 – 10

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日