BLOG

【 Official Blog 】『 FOREVERMARK 』のダイヤモンド研修会に参加しました《 Vol.2》

[ ブランド研修 リポート ]《 Vol.2 》

『  FOREVERMARK(フォーエバーマーク)』のダイヤモンド研修会に参加しました。

こんにちは!

本日のブログ担当の 今井(いまい)です (*^▽^*)

 

世界中に広がるダイヤモンドのエキスパートカンパニーとして、

約130年年間もの歴史を有するデビアスグループが手がける

ジュエリーブランド『 FOREVERMARK(フォーエバーマーク)

 

 


厳しい選別を経たのち、さらに独自の基準を満たした

世界のわずか1%未満のダイヤモンドのみを使用している

同ブランドの
『 FOREVERMARK オンライントレーニング という
オンラインでの勉強会が、先日、福山本店で開催されたので
販売スタッフ全員で参加してまいりました。

 

 

 

今回のトレーニングでは、
フォーエバーマークアンバサダーとして
正しく深い知識をもってお客様に
ご案内できるようになることを目的として開催されました。

 

 

今回は、フォーエバーマークダイヤモンドが
「 清く、正しい、エシカルなダイヤモンド 」である理由を
ご紹介させて頂きます。

 


フォーエバーマークダイヤモンドジャーニー

 

フォーエバーマークのダイヤモンドは、
採掘されるところから、お客様のお手元に届くまで、
清く、正しいプロセスを経ていることを証明するため、
全工程が細かく記録されています。

 

その生産過程を、
フォーエバーマークダイヤモンドジャーニーと呼んでいます。
そこにはいったいどんなストーリーがあるのでしょうか?

 

1・認定された産出元

 

 

ダイヤモンドジャーニーの始まりは、
ダイヤの探索・採掘です。

 

ダイヤモンドの原石は数億年前の火山活動によって、

周囲の岩石を取り込みながら噴火するマグマの中に
含まれ地表に噴出しました。
冷えたマグマは、ダイヤモンドの原石を含んだ
「 キンバーライト 」と呼ばれる岩石になり、
地中にはキンバーライトが円筒上に残りました。
これがダイヤモンドパイプと呼ばれる、
ダイヤモンドが採れる場所です。


130年以上の歴史あるデビアスグループは、
一流の採掘事業者でもあるので、
ダイヤモンドを探すためならどこへでも探索に出かけて
採掘をすることができます。


フォーエバーマークダイヤモンドでは、
南アフリカ・ボツワナ・ナミビア・カナダの

業務・社会・自然環境に関する要求水準を
満たした鉱山からのみダイヤモンドを採掘しています。
つまりは、紛争のない地域から平和的に産出していて、
どこで採掘されたダイヤモンドかわからない
といったことがありません。

 

 

2・選別

 

 

採掘された原石は、専門家の手によって
12000以上もの細かいカテゴリーに分けて
色、形、サイズ、品質などを分類していきます。
これがフォーエバーマークの
ダイヤモンドになるための選別の第一歩です。

 

 

3・厳選されたディアマンテ―ル

 

 

フォーエバーマークに認められた特定の
ディアマンティール(研磨会社)によって
ダイヤモンドにカットと研磨を施します。
美しい原石は、熟練職人が完璧な研磨を施すことで、
さらに美しく輝きます。

 

4・フォーエバーマーク ダイヤモンド インスティテュート (FDI)

 

 

ベルギーのアントワープにあるFDIでは、
カラット・カラー・クラリティ・カットの4Cの基準はもちろん、
1粒のダイヤモンドに少なくとも17通りの手順をかけて
ダイヤモンド本来の美しさを厳密に分析します。

そして、フォーエバーマークダイヤモンドに
ふさわしいもののみに、その証として
ブランドアイコンと世界にひとつだけの個別認証ナンバーの
インスクリプションを施します。

 

5・フォーエバーマークジュエラ―

 

 

ヴァニラも世界的なフォーエバーマークジュエラーのひとつですが
どこのショップでもフォーエバーマークジュエラーに
なれるわけではありません。
そして、フォーエバーマークジュエラーで
プロとしての知識を持ってお客様にご案内する
私たちのことをフォーエバーマークアンバサダーと呼んでいます。
1粒1粒のダイヤモンド全てが手作業で厳選されたもので
あることを知り、ダイヤモンドの美しさ、稀少さ、
そして生産プロセスの正しさを認識して、
お客様にお伝えすることが私たちの使命です。

 

このように、選ばれた鉱山から採掘されたダイヤモンドは、
手作業で厳選されたほんの一握りのみ
フォーエバーマークダイヤモンドとして
お客様のお手元に届いているのですが、
その全工程が分かるということがすごいことなのです。

ダイヤモンドがどのようなルートで自分の手元にやってきたのか、
そのストーリーが分かるのは、
ダイヤモンドにかかわる全てのことを行う
デビアスグループだからこそできることです。
ダイヤモンドを選ぶうえで、
これ以上の安心感はないのではないでしょうか?

 


サスティナビリティに貢献する選択

 

フォーエバーマークダイヤモンドは、
紛争のない地域から平和的にダイヤモンドを採掘し、
全てのダイヤモンドが天然であり人工的な処理が
施されていないといった、
社会的に正しいプロセスを経ていることを保証されている、
「 清く、正しいエシカルなダイヤモンド 」をお届けしています。

 

 

 

いま、様々な場面で注目されている「エシカル」や「サスティナビリティ」。
サスティナビリティとは「持続可能」という意味ですが、
企業が環境や社会、携わる人すべてに還元していき、自然と
共存する持続可能な社会を目指す取り組みを表す言葉として
使われています。


これは、地球環境や人にやさしい、全ての人が幸せになるための
社会づくりを意味します。

デビアスグループは、このワードが注目される以前より
清く、正しいダイヤモンドづくりを行ってきました。

フォーエバーマークでは、
フォーエバーマークジャーニーに関わる全ての人が幸せであるよう、
デビアスグループの一員として
ダイヤモンド生産にかかわる地域の良質な医療、教育の整備、
女性の経済活動の支援などにも積極的に取り組んでいます。

 

 

そして地球からの贈り物であるダイヤモンドを取り扱う
ブランドだからこそ、
大自然に敬意を払い、

守っていくことを理念に掲げ、

自然環境の保護にも積極的に取り組んでいます。

 

その一つとして、フォーエバーマークダイヤモンドの産出元である
ボツワナは絶滅の危機にある様々な動物が生息しています。
絶滅危惧種のひとつ、シロサイの保護への資金援助や、

ダイヤモンドが採掘される、
およそ5倍もの面積の自然保護を行っています。

 

レジ袋が有料化となりましたが、
この背景には世界的なプラスチックのごみ廃棄問題があります。
私達がエコバックを持って買い物に行くという選択も、
サスティナビリティに貢献しているということです。

そしてフォーエバーマークダイヤモンドを選ぶという選択もまた、
大自然を保護していくという
サスティナビリティに貢献しているということに
つながっているのです。

 

 


いかがだったでしょうか?

 

フォーエバーマークの魅力がすこしでも伝われば嬉しいです!

 

そして、この度フォーエバーマークの結婚指輪も
ヴァニラ福山本店・広島店の両店舗で
お取り扱いすることになりました♪

 

FOREVERMARKフォーエバーマークの3本セットでセットリングのAMR011PT

 

今まではブライダルリングは、婚約指輪のみ
お取り扱いをしていたのですが、

婚約指輪とも綺麗に重なるセットリングや、
ダイヤモンドの輝きが美しい結婚指輪が揃っております。
是非店頭でご覧くださいませ!

 


 

 

■ ヴァニラ福山本店

〒 721 – 0973

広島県福山市南蔵王町 2 丁目 10 – 17

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日

 

■ ヴァニラ広島店

〒 730 – 0036

広島県広島市中区袋町 8 – 10

営業時間 .   11:00  〜  19:30

定休日 . 火曜日