ダイヤモンドの価値を決める4つの「C」

4Cは、「カラット(重さ・大きさ)、
カラー(色)、
クラリティ(透明度)、
カット(研磨の状態)」の
頭文字「C」を取った世界的な
品質評価基準となります。
婚約指輪にふさわしいとされるダイヤモンドは、世界基準の中でもほんの一握りだけ。

ヴァニラでは、すべてのダイヤモンドの品質にこだわり、厳しい基準を満たす最高品質のものだけをご用意しています

Carat (重量)

カラットは、ダイヤモンドの重さの単位です。1カラットは0.2g。
一般的にカラットが増すほど高価になりますが、ダイヤモンドの価値はカラットだけで決定されるわけではありません。
「カラット、カラー、クラリティ、カット」これらのCが総合して優れていることが、ダイヤモンドの美しさを決定するのです。

ヴァニラでは、お選びいただいたリングのデザインや、お好みに合わせて、幅広い大きさのダイヤモンドをご用意しています。

Color (色)

一見、無色に見えるダイヤモンドですが、実際は無色透明なものから黄色みを帯びたものまで、自然の中で生み出された色みが付いています。
カラーの評価は、ダイヤモンドの頭文字である「D」カラーから、「Z」カラーまでの23等級に分類されており、無色透明の「D」カラーを「最高位」として、グレードが下がるにつれてどんどん黄色みを帯びていきます。

ヴァニラでは、生涯美しいダイヤモンドをご愛用いただきたいという想いから、希少性の高い無色透明群(カラーレス)に属する「D〜Fカラー の無色透明のダイヤモンドのみ 」をご用意しています。

Clarity(透明度)

クラリティは、研磨されたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大して検査を行ない、キズや内包物等を総合的に判断し、ダイヤモンドの透明度の評価を行ないます。
光の通貨を邪魔する内包物やキズが全く認められないものを最高の「FL」クラスとし、以下内包物の数により11段階に分かれます。

ヴァニラでは、「FL~SI1」までのダイヤモンドをご用意しています。

Cut(研磨)

カットは、ダイヤモンド原石が人間の技術に委ねられる唯一の領域であり、ダイヤモンドの「輝き」を最大限に引き出すための要素です。
プロポーション(理想の形)、ポリッシュ(研磨後の表面の状態)、 シンメトリー(対称性)によって評価され、最高ランクは「Excellent」となります。

■ 3EX( トリプルエクセレント )について
プロポーション(理想の形)、ポリッシュ(研磨後の表面の状態)、 シンメトリー(対称性)の3項目全てに、「エクセレント」の評価を得ているダイヤモンドが「3EX(トリプルエクセレント)」になります。
ダイヤモンドを正確に、そして緻密にカットできる技術力が最大限に問われます。

■ Heart & Cupid( ハート&キューピッド ) について
ハート&キューピッドとは、優れた対称性を持つダイヤモンドにのみ出現する現象です。
「 プロポーション(理想の形)」と「 高いシンメトリー(対称性)」が揃うことで生み出される現象で、専用のスコープで見るとダイヤモンドの表面と裏面に「8本の矢と、8つのハートの模様」がご覧いただけます。

ダイヤモンドの 輝きや美しさ に最も影響を与える要素が、この「カット」になりますので、4Cの中で 最も大切な評価 と位置づけています。

ヴァニラでは、ダイヤモンドのカット項目における最高級グレード「3EX(トリプルエクセレント)」とともに、さらにダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す「H&C (ハート&キューピッド) 」が確認できるダイヤモンドのみをご用意しています。